忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   
カテゴリー「明治新道・勝木峠」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明治新道・勝木峠 その十三 山を下って府屋町に入る

ここを下れば碧梧桐や花袋によって「山に入る」と描写された勝木峠・府屋町からの入口にたどり着きます。

e30ff7a8.jpg
峠を越えるとすぐに前方が開け、府屋大川の町を見ることになります。

a09c99e1.jpg
下り始めた道は屈折を繰り返して山を下り始めます。

5a7dd037.jpg
勝木側の入口にも似たような屈折の繰り返しが続きます。

8e0c438c.jpg
緩やかな勾配と大きく幅員の取られた180度のカーブ。

93ea0ed0.jpg
この曲りを越えれば峠は終わりです

1b4f2444.jpg
峠の入口。ここからはアスファルト舗装されていました。

7c4f0b98.jpg
明治新道の道筋を残すのはここまででしょうか。

a06a8a1c.jpg
かつての新道は左側の山裾に通っていたのでしょう。この先下っていく道は府屋の町へと繋がります。


31e879f8.jpg
大正五年発行五万分の一地形図 「温海」より

かつての浜通り・出羽街道の間道は浜伝いに南進していますが、この勝木峠の新道はまったく新しい場所を開鑿されて行きました。その証拠ともいえるのが、地蔵尊や庚申碑・湯殿山碑といったかつての街道筋の形跡を残すものが一切無いことにあります。

浜伝いの道は海府の浜通り同様に山越えヘツリ道を繰り返すもので、荷車道にするには大掛かりな土木工事を要するものです。そこで比較的緩斜面をもつ山中へ新道を通すことによって、明治26年に「明治新道・勝木峠」として開通することになります。当初は新潟縣三等道鼠ヶ關線として開鑿され、その後大正9年には「第十號国道」として、昭和27年には一級国道7号として唯一の車道としての道路を通すことになります。
その後の国道改良で昭和41年に浜通りの筋に7号改良の国道が開通しますが、自動車の大型化に伴い昭和53年に新規に現在の7号である府屋間ノ内バイパスが開通しています。
いずれの国道もトンネルを以て道を通していますが、この勝木峠の新道は一本の隧道も開鑿することなくに幅二間半の荷車道を通したことが最大の特徴でしょう。地形・地質的な特徴(南北の断層に沿った谷筋と新第三紀層の緩斜面)を生かし新道を開鑿したこと、現在もなおその道が生きていることが明治初頭の道づくりの水準の高さなのかもしれません。その一方で道を施しやすい箇所を選んだが故に碁石や間ノ内の村を通らなかったことも明治新道の特徴とも言えます。如何に緩やかな勾配で荷車道を施す、という最大の目的を達成した勝木峠が現在も生きた道であることが当時の技術力であったのかもしれません。歴史街道のような道ではありませんが、碧梧桐や花袋が通って描写した峠道は現在もその姿特徴を残しています。

(了)



明治新道・勝木峠 その一へ戻る



PR

明治新道・勝木峠 その十二 間ノ内川の谷から府屋大川の谷へ

間ノ内川を渡り、府屋大川の谷へと進む最後の山越えになります。

manouchis45.jpg
昭和45年に発行された五万分の一地形図「温海」より。

昭和41年に開通した一級国道7号改良によるバイパス(その後昭和53年に現在の府屋間ノ内バイパスが供用される)と同じく、ここでは勝木峠の新道が一般国道7号として表記されています。実際の指定解除は暫く経ってからなのでしょう。

ae5a69e3.jpg
再び高度を上げ山越えを目指します。

ba3f5bbc.jpg
急な屈折は無いものの緩やかな弧を描き、間ノ内川を渡った位置から海側(西側)へ山の縁を進むような格好になります。

7a3b50c7.jpg
山縁を緩やかに登り切ると前方が開けている場所があります。山越えする箇所として選定されたのでしょう、間ノ内川に流れ込む南北方向の沢筋に当たります。

841b7972.jpg
前方には緩斜面が広がり、植林されたばかりの杉苗がありました。その先には間ノ内川の谷から垣間見える海の存在。勝木峠に於いて唯一海を眺められる箇所でもあります。

cf19074b.jpg
山縁を沢筋に向かって山越えに入ります。高度の稼ぎ方や山越えの場所、どれをとってもこの上無い場所なのでしょうか。

P5030204.JPG
峠とはいえ殆ど勾配の無い山越え道となります。

b6040d44.jpg
そのまま分水嶺を越えます。標高は50m程でしょうか。このあたりは切り通しまで行かないような開鑿のされ方をしていることからも、道を施すのには都合の良い条件のそろった場所だったのでしょうか。

P5030208.JPG
そのままほぼ直線の道が続いています。勝木峠の新道を山中に開鑿した理由はこの点なのでしょう。特に大掛かりな土木工事を必要とせず山越えを可能にした道の姿を現しています。

この先、府屋町の谷へと道が繋がります。

その十三へ

明治新道・勝木峠その一へ戻る






明治新道・勝木峠 その十一 間ノ内川の谷底沖積地

勝木の谷から二つの分水嶺を越え間ノ内川の谷底へ下りてきました。


間ノ内川の谷は碁石川の谷とは異なり比較的谷底沖積地が発達しているため、その殆どが水田として利用されており、現在も水稲耕作が行われています。

3f22b112.jpg
幅はひろくはありませんが奥行のある谷底沖積地が広がります。

42d64164.jpg
間ノ内川の谷は出口の部分がやや狭くなっており、丁度この新道部が開けているような盆地状の格好になっています。勝木峠の新道が開鑿される以前から耕地は あったようですが、間ノ内の村がこの場所に発達したわけではなく、府屋町の小字であり「停舩場」の名残として出羽街道・庄内通りの間道である浜通り沿いになる河口部に漁村として存在しています。

4caa3c62.jpg
水稲耕作地として適した沖積地の乏しい中、水田が川に沿って帯状に連なっています。

834822ed.jpg
ここで間ノ内川を渡ります。この橋も碁石川に架橋されている橋とほぼ同じものでしょうか。

9bf9a93b.jpg
鋼鉄製の梁の上にPCコンクリート桁が載せられた橋梁。昭和30年代のものでしょう。石積み橋台は大正末期~昭和初期に改良を受けたものでしょう。

17c76960.jpg
橋を渡ってすぐの場所に上流へ続く道があります。この先も谷に沿って暫く水田が続くようです。

db8c81db.jpg
河口部にある間ノ内の村へ続く道。水田の淵を沿って下ってゆきます。水利条件の良い場所を水田として利用し、影響のない場所を選んで道が施されています。勝木峠の新道が現在も「道」として機能している要因は、農地としての土地利用が続いていることなのでしょう。山中に開鑿された新道によって、平坦な箇所が存在した間ノ内川の谷は恩恵を受けた格好になるのでしょうか。

3535de5d.jpg
川を渡り細長い谷底を過ぎるとすぐに次の峠へと道は進みます。最後の分水嶺である府屋大川の谷との山越えです。

その十二へ

明治新道・勝木峠その一へ戻る

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]