忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   
カテゴリー「街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その三 蓬莱山を越えて

「脇川」を渡り、「蓬莱山」を越えてゆきます。


林道へ続く踏切がありますが、鉄道を渡った場所は徒歩道の街道時代よりも北側になります。


林道脇川線へ続く羽越線脇川踏切。警報機・遮断機のある通常のものです。


蓬莱山の鞍部を隧道で越える道路と鉄道。


羽越線「宝来山隧道」が勾配を持たず水平に穿つのに対して、道路隧道である「蓬莱第一隧道」は鞍部を登る形となっています。



大正5年発行5万分の一地形図より。
大正2年に道路隧道が開鑿される以前は、この鞍部を山越えするものでした。地形図上では単純な折れで描かれていますが、実際にはもっと難儀で険しいものだったようです。


鉄道がまだない時代の街道は、線路の内側、山裾をずっと渡るものでした。


昭和52年改修の蓬莱第一隧道。蓬莱山の鞍部を越える隧道は、四角形のロックシェッド的なものですが、このような形式の隧道が他にもいくつか存在したようです。その名残で現在の形状となっているのでしょうか。


第一を過ぎると、下り勾配となり直ぐ第二隧道があります。突き出た岩山を刳り貫いた短い隧道ですが、この場所を山越えした街道の形跡は、見た目では殆ど残っていません。


羽越線はこの場所を現在は覆道として一本の隧道で越えていますが、当初は第一宝来山、第二宝来山と二つに分かれていました。昭和30年頃の羽越線改良で敷設されたものですが、羽越線宝来山隧道は第一・第二の順番が道路と逆になっていたようです。基点が新津であることに起因するのでしょう。
旧街道はこの上部を渡っていたのでしょうか。


僅かな平坦地を結び蓬莱山の鞍部を越える道は、この先の「塩浜」へ続きます。

その四へ

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その一へ戻る
PR

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その二 脇川を跨ぐ

それでは脇川村の端より南へ向かいましょう。

海府浜通りのうち、脇川~今川までの区間が改修をされた時期は、羽越線の開業(大正13年)以降だと、昭和15年頃、昭和29年頃、昭和46年頃と大きく分けて三度の記録があります。


山側に旧道があります。現345号が今の位置になったのが昭和46年のことですが、車道としてはそれより少し前(昭和44年ですが、海岸道路として全通する以前昭和30年頃には車道があった)から存在していた道で、電話線の埋設等、「道路」としては機能をしていました。


羽越線に並行して道が続いています。僅かな平坦地は畑作地として今も利用されており、その間を縫って道が通っていました。


一直線に羽越線と共に海岸線と並行に走る現道ですが、この先「脇川」を渡る街道は山側に少し入るものでした。


地形条件に則り、谷の山裾を街道は伝っています。その場所を鉄路は直線で分断した形となりす。


現在の道路橋と鉄道橋。道は昭和16年の改修で鉄路を跨がずに進むルートが新設されたようです。


昭和28年発行5万分の1地形図より。「脇川」を跨ぐ道はほぼ現在の場所に二本線で描写されています。


元々の街道は、「脇川」の沖積地・段丘面に広がる農地への道として利用されていることもあり、しっかり残っていました。


旧街道の時代の橋に関する形跡は残っていませんが、川幅が狭くなる場所を選んで渡っていたのでしょう。



鉄路は大正13年の開通以降、同じ場所を通り過ぎて行きますが、街道は徒歩の時代、自動車の時代と変化が進んできました。ほんの小さな川(流路の川幅はせいぜい2m程)を跨ぐだけでも、街道は地形条件に要因し渡りやすい場所を選んでいます。



その三へ

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その一へ戻る

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その一 地形要因の道

蒲萄山塊の縁を地形に沿って通る海府浜通り。断層性の海岸は、汀線の出入りが少なくほぼ直線の形状になってていますが、実際には浸食や突き出た崎の岩山の関係から、自然条件に沿って道が施されてきました。僅かな海成段丘面を山に沿うように通り、所々に聳える岩山は山越えで渡る道が古より利用されてきました。



大正15年発行[鉄補] 五万分の一「笹川」より


羽越線の開通は、それまでの地形要因の道を全く無視した、直線的と言うべき緩曲線の連続で鉄路を通しています。地形図を見る通り、街道は僅か2km程度の区間で何度も鉄路を跨いでいることが分かります。実際には鉄道が街道を跨いで通されている、が正しいでしょう。


平成16年発行 五万分の一「笹川」より

現在の一般国道345号はすべて海側をバイパスしています。地図記号にもあるように、全て海岸部には「護岸」の記号があることが読み取れます。
海府浜通りの車道化(昭和44年以降)は、海岸保全事業による護岸の建設と同時に行われていきましたが、それ以前の道が部分的に残る場所があります。

徒歩道としての海府浜通りと羽越線との絡み。脇川~塩浜~宝屋浜~今川という僅かな区間の中で何度も交差していた道路と鉄道との関係性を、地形条件を含めて追ってみましょう。


その二へ

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]