忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   
カテゴリー「蒲萄峠を渡る 第三部 明神新道篇」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その九 街道と新道の合流点・一級国道7号真佳木橋

明神岩で分岐した旧街道と明治新道は、この先のミズガミ沢を跨ぐ「真佳木橋」で合流します。


市町村道として一部舗装化が進んでいるようで、比較的新しい舗装とL字側溝の路肩が敷設されていました。


ミズガミ沢を渡るこの箇所が、旧出羽街道・庄内通りと明治新道との合流・分岐点となります。


古い橋梁と新しい橋梁が並んで架橋されています。どちらの橋梁も「真佳木(まがき)橋」という名称になっていますが、おそらく小字の地名でしょうか。


真佳木橋の銘板が状態良く残っています。


もう一方の親柱には、「一級国道七号線」の路線名がありました。橋の竣功年は昭和30年代でしょうか、この頃のコンクリート桁橋に良くみられる、コンクリートと鋼管による欄干が取り付けられていました。


現在の「道路」はこの先大沢村へ続くように新しい真佳木橋を介して直線上に繋がっていますが、新道・一級国道7号の路線は右方向(ミズガミ沢の流れに沿って西方)に続く形で道が取り付けられており、橋の南詰で大沢村方面と分岐することになっていたようです。


この分岐点にも、10数年前に設置された「旧出羽街道」「旧国道」の案内があります。


大沢村へのみ繋がる1.5車線の市町村道である新真佳木橋。この橋によって、再び道が旧街道の筋になったことになるのでしょうか。

旧街道と明治新道は再び合流して同じ道筋となり、蒲萄越えのもう一つの分水嶺、大毎峠を目指します。

明神新道/大沢峠 考察の部へ

蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その一へ戻る
PR

蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その八 新道集落・海田(おみた)

明治26年の新道開鑿以降、大正13年の羽越線開通まで小字として地名があった集落「海田(おみた)」が、大正5年の地形図に残っています。


大正5年発行五万分の一「蒲萄峠」より


所々に開けた場所があり、その下段には緩斜面を利用した水稲耕地(棚田)が広がっています。これも大沢村の広大な耕地の一つになります。


新道の位置はどれも耕地の最上部を繋ぐような形で通っており、ムラから田へのアクセスには都合よいものだったのでしょう。


綺麗に区割りされた耕地が階段状に広がっていました。


耕地を過ぎ、切通し部を越えます。地形図上でもこの鞍部が描かれています。


その先に道の周辺が平坦になっている場所がありました。おそらくこの地点が、馬宿があった海田(おみた)のようです。地形図上にも地名と家屋の記号が描かれていました。今ではすっかり杉林となっていますが、わずかながら集落の形跡を追うことができるのでしょう。街道でも道路でもない荷車道の遺構ともいえます。


海田を過ぎ、再度山裾を辿ります。


舗装路が見えてきました。 大毎側の旧街道と新道との分岐まであとわずかです。


その九へ

蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その一へ戻る








蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その七 中腹を進む新道

斜面の中腹を削り取って開鑿されていった新道の姿が続きます。


特に法面や路肩が補強されているわけではないのですが、山肌を削り取ることによって敷設された道の姿がこの先も繋がっています。


地形の蛇行を沿うように、ほぼ同じ標高を保って山中の道が連なります。


その先に視界が開ける場所がありました。


眼下に、明神川水系の谷底を通る現国道7号が見えます。地形図から読み取れる高低差は60mほどでしょうか、勾配の自由度がある現代の道と比べて、いかに明治の道が平坦なことを求めて敷設いったかがわかります。


電話線でしょうか。これは蒲萄から大毎や大沢へと繋がっているのでしょうか。遠くに見える山塊は、丁度蒲萄川/明神川の谷にあたる部分になるのでしょうか、中央に低い場所があります。


向きを東に変えた新道。この先も谷底ではない場所を進んでいます。


北側には緩やかな斜面の場所があり、一面の杉林が広がっていました。道は、この緩斜面の上段を通ります。


中腹にあって比較的平坦な場所には、植林された杉が広がります。その中に状態良く道が貫いています。

その八へ

蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その一へ戻る



カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]