忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   
カテゴリー「蒲萄峠を渡る 第五部 大毎峠篇」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 第五部 大毎峠篇 その四 街道と明治新道と大正国道と一級国道の峠

大毎峠は旧街道である出羽街道庄内通、明治26年に開通した新道である三等縣道鼠ヶ關線、その後の大正国道10号・一級国道7号が同じ場所を越えています。


杉林の先、すぐに峠へと差し掛かりますが、この分水界は峠らしくない低い位置にあります。標高205m程で、旧街道の筋から見れば大沢村よりもずっと低いものです。


真佳木橋から山裾の上位部を進み緩やかに大毎峠へ続く道。


明治新道を開鑿するにあたり、峠部は切り通されているようで、旧街道はもう少し上の位置を通っていたのでしょうか。


馬曳の街道筋であったこともあり、馬頭観音がありました。文久元年(1861年)と新しいもののようです。集落外では街道の名残は少ないものです。


切り通された新道らしいストレートで大毎峠を渡ります。


勝木川水系が作り出す複合扇状地の緩斜面がこの先に広がり、大毎(おおごと)宿へと続きます。


昭和22年発行1/50,000「勝木」

その五へ

蒲萄峠を渡る 第五部大毎峠篇 その一へ戻る





PR

蒲萄峠を渡る 第五部 大毎峠篇 その三 現道の峠・7号大毎トンネル

昭和41年に開通する現一般国道7号のルートは、明神川水系の谷を這うような位置に通されているため、大毎峠に関してもずっと峠らしいアップダウンがあります。

 

谷の底から登る7号。蒲萄川の本流と支流明神川との分水界を穿つ朝日トンネルを抜け、明神川の谷を下り大沢の村からの谷であるミズカミ沢を再び登る格好になり、上り下りがはっきりしているルート取りをしています。


昭和44年発行1/50,000「勝木」


大沢の緩斜面の水田。その上段に旧街道と明治新道が通っています。このあたりで標高差60m程でしょうか。


谷をさらに上って、7号は大毎峠をトンネルで越えています。


大毎トンネル。現在の国道は高低差を気にすることなく峠を渡ります。

  
大毎トンネルと大毎峠の位置。それでも40mほどの高低差があるでしょうか。
(カシミール3Dより・一部加筆)


その四へ

蒲萄峠を渡る 第五部大毎峠篇 その一へ戻る

蒲萄峠を渡る 第五部 大毎峠篇 その二 標高を保つ道

明治26年に開鑿された荷車道としての新道は、大毎峠を越える区間についてはほぼ旧街道である出羽街道庄内通を拡幅したものですが、荷車道らしくほぼ平坦に通されています。


農地と道との関係性は、山裾を這う道があってその下の緩斜面に田畑が広がるもので、これは長坂峠から蒲萄峠を渡る箇所、蒲萄の村でも同じような位置関係にあります。複数の峠越えである以上、標高を下げないルートを明治新道が取った形です。


沢筋ということもあり、緩斜面は棚田状の水田が広がっています。

  
その緩斜面を作り出しているのがいわゆる地辷り地形で、原因となる地下水集水の為の円筒(集水井)がいくつか見られました。


地辷り地形は結果として水田に適した緩斜面と豊富な水を生み出している格好になります。


集水井の傍に水準点がありました。この地点の標高は197.80mとあります。


山裾をほぼ平坦に渡る道。


そして大毎峠の分水界へ繋がります。

その三へ

蒲萄峠を渡る 第五部大毎峠篇 その一へ戻る

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]