忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   
カテゴリー「蒲萄峠を渡る 第一部 長坂峠篇」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る その九 国道の跡と今

旧版の地形図上では太線で描かれている長坂峠の新道には、「岩崖」や「切り通し」の開鑿によって生み出されたことが わかります。
120d33e1.jpeg
大正5年発行 五万分の一地形図「蒲萄峠」より


679f6011.jpeg
左側(西側)を開鑿して出来上がった新道。路面は今もなお平坦で道の姿を残すものです。

8385af73.jpeg
おそらく戦後の改修時でしょう。路肩の駒止と玉石・コンクリート法面の補強。

79aa403f.jpeg
少し進むと非常にきれいな場所がありました。電力線の保守や砂防工事で自動車が入っているとはいえ、これだけ平坦な「道路」が残されていることを考えると如何に強固な造りであったことが伺えます。

68c0b085.jpeg
ここで東向きに進路を変え、長坂峠のサミットへと続きます。どうやら砂防工事はここまで行われていました。幅二間半≒4.5mの国道のカーブが見事に現されています。

df9b003c.jpeg
すぐに路面が荒れだしました。どうやら道の姿がくっきりのこされていたのはこの場所までのようです。ここから先、自動車の入った形跡は残されていませんでした。

a8a39b55.jpeg
明治新道長坂峠はすっかり低木の中に埋もれ廃道の様相を呈しています。廃止から40年以上が経っていますが、藪ではなく植生が低木類に変遷をしています。つまりは道としてはもう必要なかった、ということになります。

明治の新道は如何に勾配を少なくするか、という目的で開鑿されていった経緯があります。これはムラの生活圏とは全く関係無いものです。この先長坂峠の新道は暫く廃道の状態での残されていますが、峠と街道と宿場・ムラとの相互関係がそこにあると考えることができます。距離にして1km程しか離れていない蒲萄のムラまで道がどのように繋がっているかを考察することによって、道とムラとの関係性が見えてくるでしょう。

まずは花袋・碧梧桐の渡った長坂峠新道をこのまま進みます。

その十へ

蒲萄峠を渡る その一へ戻る

PR

蒲萄峠を渡る その八 新たな長坂峠

ようやくここからが長坂峠の入口となります。



それまでの街道時代とは別に東側の谷筋を通るもので、大須戸川の谷をそのまま遡ればこの谷筋となることから、直接道を繋ぐことに関しては理にかなった場所でもあります。

P5020768.JPG
現国道より西側から入る峠の入口。砂防工事が行われていたこともあり「廃道」という装いではありません。すぐ先には蒲萄トンネルの入り口があります。

P5020640.JPG
勾配がやや急になってきました。工事のために新しめの砂利が敷かれていますが、まぎれもなく明治からの「旧道」の姿は残されています。

P5020645.JPG
最初のカーブに差し掛かります。電柱もあることから今も道としての役割が残っているのでしょう。

P5020646.JPG
眼下に蒲萄トンネルの入り口が見えます。

P5020647.JPG
現一般国道7号の真上を越える「新」長坂峠。一方で旧道らしい峠道のラインと改良後の直線的な「国道」との対比も表しています。

P5020648.JPG
地形図上に現在も道が描かれている旧国道でもある「新」長坂峠。所々に現役の送電線があることからも完全な廃道というわけではありません。時折広い場所が現れるのは紛れもなく離合の為のスペースなのでしょう。ここにかつての国道の跡を見ることができます。

さらにその先には綺麗な道跡がはっきりと残されていました。

その九へ

蒲萄峠を渡る その一へ戻る


蒲萄峠を渡る その七 現道と並行する里道


地形図上ではこの場所から旧国道の道筋が描かれています。

現国道から脇道に入る場所があります。


実際の地形図通りに荒地となっていますが、道のあった形跡が確認とれます。


ここに「里道」という文字を見つけることができました。現在の道路法に定義されている里道のことなのでしょうか。昭和41年に国道の指定を外れた時点で道としての機能は失われたのでしょう。廃道後いつ設置されたものかはわかりませんが、陶器に書かれた「里道 右二六」が示しているものは、旧国道のことと思われます。


低木の植生から林へと移行しつつある「道」の跡。明治二十年代に開鑿をされた場所は今も平坦を維持しています。


すぐに現国道へ合流する僅かな区間ですが、ここにも明治・大正・昭和の「道」の面影がはっきりと残っています。

蒲萄トンネルがその先に見えてきました。この場所から左へそれる道が長坂峠です。

その八へ

蒲萄峠を渡る その一へ戻る

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]