忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その二 脇川を跨ぐ

それでは脇川村の端より南へ向かいましょう。

海府浜通りのうち、脇川~今川までの区間が改修をされた時期は、羽越線の開業(大正13年)以降だと、昭和15年頃、昭和29年頃、昭和46年頃と大きく分けて三度の記録があります。


山側に旧道があります。現345号が今の位置になったのが昭和46年のことですが、車道としてはそれより少し前(昭和44年ですが、海岸道路として全通する以前昭和30年頃には車道があった)から存在していた道で、電話線の埋設等、「道路」としては機能をしていました。


羽越線に並行して道が続いています。僅かな平坦地は畑作地として今も利用されており、その間を縫って道が通っていました。


一直線に羽越線と共に海岸線と並行に走る現道ですが、この先「脇川」を渡る街道は山側に少し入るものでした。


地形条件に則り、谷の山裾を街道は伝っています。その場所を鉄路は直線で分断した形となりす。


現在の道路橋と鉄道橋。道は昭和16年の改修で鉄路を跨がずに進むルートが新設されたようです。


昭和28年発行5万分の1地形図より。「脇川」を跨ぐ道はほぼ現在の場所に二本線で描写されています。


元々の街道は、「脇川」の沖積地・段丘面に広がる農地への道として利用されていることもあり、しっかり残っていました。


旧街道の時代の橋に関する形跡は残っていませんが、川幅が狭くなる場所を選んで渡っていたのでしょう。



鉄路は大正13年の開通以降、同じ場所を通り過ぎて行きますが、街道は徒歩の時代、自動車の時代と変化が進んできました。ほんの小さな川(流路の川幅はせいぜい2m程)を跨ぐだけでも、街道は地形条件に要因し渡りやすい場所を選んでいます。



その三へ

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]