忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その三 蓬莱山を越えて

「脇川」を渡り、「蓬莱山」を越えてゆきます。


林道へ続く踏切がありますが、鉄道を渡った場所は徒歩道の街道時代よりも北側になります。


林道脇川線へ続く羽越線脇川踏切。警報機・遮断機のある通常のものです。


蓬莱山の鞍部を隧道で越える道路と鉄道。


羽越線「宝来山隧道」が勾配を持たず水平に穿つのに対して、道路隧道である「蓬莱第一隧道」は鞍部を登る形となっています。



大正5年発行5万分の一地形図より。
大正2年に道路隧道が開鑿される以前は、この鞍部を山越えするものでした。地形図上では単純な折れで描かれていますが、実際にはもっと難儀で険しいものだったようです。


鉄道がまだない時代の街道は、線路の内側、山裾をずっと渡るものでした。


昭和52年改修の蓬莱第一隧道。蓬莱山の鞍部を越える隧道は、四角形のロックシェッド的なものですが、このような形式の隧道が他にもいくつか存在したようです。その名残で現在の形状となっているのでしょうか。


第一を過ぎると、下り勾配となり直ぐ第二隧道があります。突き出た岩山を刳り貫いた短い隧道ですが、この場所を山越えした街道の形跡は、見た目では殆ど残っていません。


羽越線はこの場所を現在は覆道として一本の隧道で越えていますが、当初は第一宝来山、第二宝来山と二つに分かれていました。昭和30年頃の羽越線改良で敷設されたものですが、羽越線宝来山隧道は第一・第二の順番が道路と逆になっていたようです。基点が新津であることに起因するのでしょう。
旧街道はこの上部を渡っていたのでしょうか。


僅かな平坦地を結び蓬莱山の鞍部を越える道は、この先の「塩浜」へ続きます。

その四へ

街道と鉄路 脇川~塩浜~宝屋浜~今川 その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]