忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その六 新道と耕地との位置関係

「マルクラ」の小字を過ぎて、なお新道は明神川が作り出すの谷の中腹を進みます。


明治後半から大正時代にかけて、全国の主要街道約2km置きに設置された水準点。この場所は現在では179.7mを指しています。


条件のよい場所、なだらかな土地は大沢村の耕地として今も利用されています。


明治の新道開鑿以前からこの場所は大沢村の耕地だったのでしょう。荷車道の新道は、平坦な条件の良い場所を繋いで道が開鑿されていったこともあり、結果的に耕地の維持継続にも好都合となったのかもしれません。階段状に続く耕地、この谷の下に現国道7号が通っています。


道の位置が耕地の上段ということもあり、この付近は山裾を削り取った箇所が続いています。


程度良くの見る谷積の石垣法面。大正時代の改修でしょうか、「大正国道10号」としての形跡も所々に見られます。


少しでも開けた場所にはこのように耕地が見られます。今でこそ山中の不便な場所ですが、新道の存在は今もこの耕地を現役にさせているのかもしれません。


地形に沿った形で山裾の中腹を繋ぐ道。殆ど高低差もなく新道は続きます。


明神川はこの平坦地の谷底で日本海へ向けて流れます。蒲萄川の支流である明神川、そのさらに支流となる「ミズガミ沢」の谷を上ることになります。ここから次の峠にあたる「大毎峠」を目指し山中を進みます。


カシミール3D+電子国土より

その七へ

蒲萄峠を渡る 明神新道篇 その一へ戻る




PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]