忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 大沢峠篇 その十一 大沢宿の本村

出羽街道庄内通・大沢宿へ辿り着きました。
元々はこの位置に村があったわけではなく、街道として成立した江戸時代前期に宿として本村が移動したようです。


カシミール3D+電子国土より

幾筋もある蒲萄川の支流、明神川水系のミズガミ沢上流部、大沢川のスリバチ状に窪んだ奥まった場所に、峠の入口として大沢宿が設定されたようです。


いままで見られなかった庚申様が村の入口にありました。


振り返って大沢峠の入口部。大沢川の小さな流れが谷を作り出しています。


窪地の斜面に作られた村。水平にするための石積みがみられるのも特徴でしょうか。


三山信仰の参詣道。湯殿山碑がありますが、月山・羽黒山も一つの碑に併記されたものはこの近隣では割と少ない部類のようです。


下り勾配斜面に作られた宿場である大沢村。本村は小さな規模ですが、村としては耕地には恵まれた山中の集落でした。


谷筋に作られた大沢川の作り出す耕地を見ながら、山裾の道をこの先の真佳木橋合流点まで下ります。

その十二へ

蒲萄峠を渡る 大沢峠篇 その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]