忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 大沢峠篇 その十二 明治新道との合流・分岐点

大沢川の上流部に設けられた出羽街道庄内通大沢宿を背にして、山裾を下ってゆきます。


大沢川が作り出す沖積地の耕地が広がりますが、集落はそのかなり上段に設けられているのがわかります。街道の宿として人為的に設けられた、自然発生的集落ではなかったことがここからも見ることが出来ます。


おもいのほか下り勾配が続いています。峠の入口に設けられた山中の窪地である大沢宿がいかに特異な立地であったかということです。下段の耕地との高低差もこの場所ではさほど縮まってはいません。


進むこと500m、標高差が50mほどでしょうか、ようやく明治新道との合流・分岐点である真佳木橋に辿り着きました。


正面の橋が町道として昭和60年に新設架橋された真佳木橋、左が明治新道のルート、その後の一級国道7号として架橋された真佳木橋です。


元は旧橋を渡ってから合流分岐であったようです。


この先が明治新道として明神岩分岐まで続いています。


現道と旧国道との違い。


真佳木橋で合流した街道と明治新道。この先大毎峠を経て大毎・中村へと再び街道と新道が同じ筋を辿ります。

 
昭和44年発行1/50,000 勝木より

明神新道/大沢峠 考察の部へ

蒲萄峠を渡る 大沢峠篇 その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]