忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

芦谷セット・羽越線旧線構造物の道路転用 その一 羽越線の複線化

鉄道の廃線敷は線形や路盤の良さもあり、各地で道路転用されている箇所がありますが、昭和43年に複線化となった現在の羽越線新芦谷トンネルの旧線に当たる箇所も、廃線敷が道路として転用され現在も「一般国道345号」として鉄道構造物も含めそのまま利用されています。


昭和44年発行1/50,000「勝木」より
中央の鉄道トンネルが複線規格の「新芦谷トンネル」になります。その北側は、山側に「新勝木トンネル」が上り線用として別に新設されました。



昭和22年発行1/50,000「勝木」より
大正13年に開通した羽越線当時のルート。「新芦谷トンネル」の箇所が若干海側へ膨らんでいるのがわかります。

地形図上でも表記されているように、崖地形であるため、羽越線複線化に伴う新線を複線規格で山側に新トンネルを建設する形となりました。


鵜泊大橋から今回はスタートします。
(タカヘツリをゆくの続きになります)


ズームで寄ると、羽越線の複線規格トンネルとその先にロックシェッドが見えますが、これが現一般国道345号である旧羽越線芦谷セットの構造物です。

その二へ
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]