忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松陰ノ隧道ニ想フ その八 三つの松陰、今も現役の㐧一隧道

松陰とは寒川の村から見ると、狐崎の先にある小さな沢(倉ノ沢)から脇川の村の入口までを指すようだ。狭義では脇川村の入口部だけなのだろう、「松陰ヘツリ」という地名も江戸時代の地図に残されている(後述)。


現在の松陰の隧道は一箇所である。

(カシミール3Dより)


「狐崎」より南、鳥越山までが国指定名勝天然記念物『笹川流』である。その先に小さな沢を渡ると道は隧道で抜けることになる。



松陰㐧一隧道。㐧一とあるが現在はこの一箇所だ。


昭和50年の一般国道345号指定に合わせて、この松陰㐧一隧道を含む箇所が改良されている。山側にはそれまでの旧道が残っているが、倉ノ沢に掛かるこの橋は昭和28年頃のものだろうか、この頃にも松陰の隧道が改修された記録が『道路トンネル大鑑』に記されている。大正13年の羽越線はさらに山側を北(左)から寒川隧道・狐崎隧道と抜けている。


旧道の流れの位置に比較的大きめの地蔵尊があった。


海府浜通りの時代は山越えをしている。その頃の地蔵尊だろう、難所の入口に地蔵あり。


やや平坦な場所。ここに耕地があるのだが、街道はここから山越えをしている。
道路の隧道は明治時代(かそれより古いか)なので、実は鉄路がいちばん新しい道になるのである。


正確な年代は掴みきれていないが、明治時代から、新ルートになることなく改修拡幅によって同じ場所に隧道がある「国道隧道」は珍しい存在でもある。当初から脇川港を結ぶ道としてそこそこの大きさがあったこと、一方でその後の自動車社会とは暫く無縁だったことによるものだろう。
特に思い入れは無いのだけれども、おそらく自分がもっとも潜っている隧道はこの㐧一隧道だろう。他愛無い無機な隧道だが、もしかしたら上記のように国内でも稀有な存在なのかもしれない。


そして松陰のもう二つの隧道。これが「松陰ヘツリ」の隧道である。



その九へ

松陰ノ隧道ニ想フ その一に戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]