忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松陰ノ隧道ニ想フ その十一 松陰第三隧道の北側入口を見る

松陰の隧道と呼んでいるのはこの「第三」のことだ。


2013年8月に撮影した写真では、草丈も長く、隧道の姿が隠れてしまっていた程に「道跡」が薄れてしまったようだ。


2012年8月に撮った写真。同じ夏の時期であるが、草叢の量が少ないのか、隧道の坑門がよく見える。


2009年の正月に、第二から見える第三を写したものがあった。位置関係がお分かりであろう。


更に古く2007年3月の写真。冬とはいえこの頃までは草に覆われることも無かったと思うが、コンクリ吹付の法面(施工は昭和40年頃だろうか)の風化崩落が始まっており、それから人の手が入らなくなったのだろう。現在に至るまで徐々に自然に帰りつつあるのだろうか。




 
再び2012年夏。風化崩落は落ち着いているようだが、完全に「埋もれた」格好だ。


近づけた頃に撮った鮮明な写真が残っていないのだが、昭和28年に改修された記録のある松陰第三隧道の北側入り口は、扁額すらないのっぺらぼうなコンクリ坑門であった。

ここを毎日潜っていたのだけれども、問題はその中にある。


その十二へ

松陰ノ隧道ニ想フ その一に戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]