忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カシミール3Dで見る蒲萄山塊 その一 カシミール3Dというツール

カシミール3Dというツールは、実際の風景の見た目を3次元で地図上に表現できることの面白さを手軽に楽しみむことが出来ます。


ソフトそのものは無料でダウンロードできるツールですが、解説本がありますのでこれを入手しました。



先日、新潟市の通称「新潟島」の砂丘地形を歩く、というイベントに参加したのですが、そこから遠く離れた蒲萄山塊の姿を確認することが出来ました。


リンク先 新潟砂丘の日和山展望台から見える蒲萄山塊 (新潟市中央区西船見町)

この時に実際の山塊の見え方が場所によってどうなのだろうという関心を持ったのですが、その景色と実際の見え方が想像していたものとは若干異なっていることに気づきました。
そこまで山塊についての正確な位置関係を把握していなかったのですが、このツールを利用して改めて確認をしてみる必要がありそうです。


50mメッシュ標高データを元に立体化した図。
実際の地形図で等高線から読み取ることができる地形が、このカシミール3Dというツールで文字通り「可視 見る」ことが簡単にできます。

この図だけでも蒲萄山塊および周辺の地形的特徴が如実に現れているのですが、幾つかのポイントを取り上げて、実際の蒲萄山塊がどのように見えるのか、地形的条件の特徴特色がどのように表現されているのかを一つ一つ見て行こうと思います。



その二へ


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]