忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 第五部 大毎峠篇 その三 現道の峠・7号大毎トンネル

昭和41年に開通する現一般国道7号のルートは、明神川水系の谷を這うような位置に通されているため、大毎峠に関してもずっと峠らしいアップダウンがあります。

 

谷の底から登る7号。蒲萄川の本流と支流明神川との分水界を穿つ朝日トンネルを抜け、明神川の谷を下り大沢の村からの谷であるミズカミ沢を再び登る格好になり、上り下りがはっきりしているルート取りをしています。


昭和44年発行1/50,000「勝木」


大沢の緩斜面の水田。その上段に旧街道と明治新道が通っています。このあたりで標高差60m程でしょうか。


谷をさらに上って、7号は大毎峠をトンネルで越えています。


大毎トンネル。現在の国道は高低差を気にすることなく峠を渡ります。

  
大毎トンネルと大毎峠の位置。それでも40mほどの高低差があるでしょうか。
(カシミール3Dより・一部加筆)


その四へ

蒲萄峠を渡る 第五部大毎峠篇 その一へ戻る

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]