忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 第五部 大毎峠篇 その七 路村の作りではない大毎村

大毎の村は、緩勾配の地形に大毎川が削り取る窪みの箇所に集村した村であり、街道筋の路村とはまた違った集落の形態をしています。旧出羽街道庄内通の宿場として形成された宿場村ではないことが、街道の位置関係からも見えます。

 
カシミール3D+10mメッシュ標高データより 北側からのビュー。

黄色線が旧出羽街道庄内通、赤色線が大正国道10号、一級国道7号。
旧街道は村の中心となる箇所を通っていませんでした。
どちらかと言えば国道が村中を通ってから道沿いに村の形が成り立っているようです。


村中に入ってすぐの分岐があります。左が旧街道、道幅の広い右が旧国道(大正国道10号、一級国道7号)になります。

 
自動車1台がようやく通れるか、という道幅は旧街道のものです。


大毎峠から下りてくると、大毎の村は窪んだ箇所に集村している村であることがわかります。


馬頭観音菩薩と法華石寫塔(由来不明とのこと)でしょうか。地蔵尊もあります。


峠から下る街道。


また分岐があります。直進方向が大毎の村中へ続いていました。左に折れるのが旧出羽街道庄内通です。

  
急坂を下りた先で村中を通る旧国道と交差します。

その八へ

蒲萄峠を渡る 第五部大毎峠篇 その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]