忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

勝木-府屋町を巡る大崎山越えの交通史 第一部 八幡山篇 その八 碁石地内の増線用地

昭和55年の国鉄再建法に絡んで複線化が凍結となった碁石地内ですが、着工に至らなかった用地についてはそのまま国鉄からJRに引き継がれた状態で残されています。


碁石側のほうが2mほど標高が低い(5mほど)ため、現行線(昭和22年以降の新線)は八幡山隧道を越えた先が盛土構造となっています。


その東側に未成の新八幡山隧道北側碁石口。もし完成していたとすればこの場所にも盛土されていたのでしょうか。


JRの所有地として上り線となる複線化用地は現存します。盛土となる計画だったのか、単線ですが用地の幅がやや広いようです。


現行線(昭和22年以前の路盤との合流地点手前)は山を削って鉄路を通していますか、複線化の際に上り線となる路線は隧道を以てこの先で合流となったのでしょう。

 
カシミール3D+地理院地図に加筆

新線の八幡山隧道(168m)に比べ延長の長い287mの新八幡山隧道。地形図上ではちょうど山地の凸部に出口がくるように設定されたようです。結果着工とはならなかったようですが、その先集落を横断する形で碁石川の谷を越え、神社のある山部をもう一本の隧道で抜ける計画であったようです。


第二部 大崎山篇へ

勝木-府屋町を巡る大崎山越えの交通史 第一部 八幡山篇 その一へ戻る


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]