忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

勝木-府屋町を巡る大崎山越えの交通史 第二部 大崎山篇 その三 羽越線の大崎山越え

大正13年に開通した羽越線が最初の「隧道」を以て大崎山を越える交通路となります。標高6mほどの低位面を海岸線に沿って通るものでした。


その後昭和57年に新線切り替えとなり旧線化した路線跡が残ります。その先に羽越線の旧線である大崎山隧道が通りました。


昭和47年交流電化後の新線切り替えであり、架線柱がそのまま残されている事も特徴的な旧線。


奥の低い護岸には大正13年開通当時の安山岩積み石構造が残ります。


古レールを利用した防潮柵でしょうか。古い護岸は部分的に新しいものに改築されているようです。

 
護岸に銘板がありましたが、どうやら交流電化に伴って増築されたものでしょうか。竣功が昭和47年3月とあります。


昭和34年発行1/50,000「勝木」

羽越線自体は複線化が昭和40年に決定しているものの、複線化より先に旧線の電化を行っています。勝木-府屋間に関しては複線化事業が遅れることとなるのですが、その一つの要因に、現在は羽越線の一つ上の段丘上を通る一級国道7号改良および二次改良が絡むことになります。

その四へ

勝木-府屋町を巡る大崎山越えの交通史 第二部 大崎山篇 その一へ戻る

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]