忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

勝木-府屋町を巡る大崎山越えの交通史 第二部 大崎山篇 その八 鉄路の大崎山隧道と岬隧道

羽越線は大正13年の開通時から大崎山を隧道で抜けるルートを選択しているため、昭和58年の新線切り替えまで利用された旧線の跡が存在しています。


 
道路脇から礫で覆われた浜を見下ろすと、一段低い位置に羽越線の旧線が存在します。中央に見えるのは昭和47年の交流電化~新線切り替えまで使用された架線柱です。


羽越線旧大崎山隧道の坑門と路盤。道路(一級国道7号一次改良)から見れば随分と低い位置に通されていますが、これが羽越線最大の特徴でもある「緩勾配」をもたらすルート取りともいえるでしょう。

 
谷は狭く、すぐに日本海に突き出た崎の山体が迫る条件。
ここを直線平坦に鉄路を通す技術が大正期にはすでにあったということです。


道路と同様に「岬隧道」を挟んで間ノ内川の谷へと鉄路を通していました。
古レールは波除板の敷設に使用されたものでしょうか。

   
河川が無い=比較的大きな礫の転がる海岸。羽越線開通当初の護岸が残ります。


昭和23年(1948年)米軍撮影国土地理院空中写真閲覧サービスより。
僅かな谷の海岸線に鉄路のみが敷設されており、谷間は旧街道の筋と農地(畑地)となっていたようです。


カシミール3Dより

その九へ

勝木-府屋町を巡る大崎山越えの交通史 第二部 大崎山篇 その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]