忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡るスピンオフ企画 蒲萄峠に羽越線を通してみよう その七 3000mの隧道

蒲萄の集落が蒲萄山塊の東麓、南北の断層線に沿った谷の分水界・長坂峠(蒲萄川と三面川水系大須戸川)を越えた直ぐの場所に位置している関係で、蒲萄の村そのものが勾配のある平坦地に位置している、という地形条件を考慮する必要があります。

 
 蒲萄の村は平坦ではなく、蒲萄川に沿って下る勾配を持った谷間に位置しています。


長坂峠を越えてすぐ蒲萄の村に入る立地。僅かな谷間の平坦地に村が続きます。


カシミール3D+1/50,000に加筆
長坂峠の手前、標高125m地点の付近より一気に蒲萄の北側、水準点126.3mの手前まで隧道とするのが10‰条件を満たす敷設なのですが、そのためには約3000mの延長が必要となってきます。羽越線建設時の最長隧道は前項の折渡隧道及び矢引隧道(三瀬-羽前水沢間)の1400m級なので、倍以上の延長の隧道を建設することになりそうです。


蒲萄の集落が立地する地形的条件から、村の中心部には蒲萄駅(仮称)を設置できず、標高の低くなる北側に設置することとなります。塩野町駅(仮称)より8km地点に蒲萄駅(仮称)を設置することとしますが、ただし3000mの隧道が建設可能か、という問題は別です。


その八へ

蒲萄峠を渡るスピンオフ企画 蒲萄峠に羽越線を通してみよう その一に戻る


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]