忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る その十二 今の長坂峠

現在の長坂峠は「蒲萄トンネル」によって直接蒲萄の村中へと繋がります。

441b485f.jpg
昭和41年に開通となった一級国道7号改良によるトンネル。大須戸(南側)の口には扁額が取り付けられなかったようです。この上部を明治新道長坂峠は越えています。

80bd6da0.jpg
昭和40年代のトンネル。幅員は最小限の6.5m程でしょうか。あまり徒歩による移動は無いのでしょう。蒲萄の田畑が大須戸側には無いことに起因するものでしょうか。

e734b073.jpg
すぐに蒲萄の村へと入ります。かつての出羽街道(庄内通り)の宿場として機能した蒲萄宿。現在の一般国道7号もほぼ同じように村中を通るものとなりました。

b2b6a1ad.jpg
蒲萄口のトンネル入口には「蒲萄トンネル」の扁額があります。

17f7cb32.jpg
その西側には旧街道の長坂峠に繋がる小道が続きます。
※旧街道についてはまた改めて取り上げたいと思います。

a6c7d16e.jpg
「昭和39年 建設省」の杭がありました。

e84c6ab0.jpg
トンネルを出てすぐ東側に、明治新道へとつながる道があります。
長坂峠の新道が利用されていた時代はこの上部にある合流点から谷を降りて蒲萄の村へと道は繋がっていました。

昭和41年に蒲萄トンネルが開通してからは、旧街道の長坂峠も新道の長坂峠も全くといっていいほど利用はされなくなっています。その理由の一つとして農地という土地利用があげられるでしょう。蒲萄の村にとっての生活とかかわる田畑の場所は旧街道入口付近の一部を除いて長坂峠の筋にはありません。また、南側の大須戸側にとっては、三面川水系の沖積地が広がることからも峠付近にまで田畑を広げる必要はなかったことと考えられます。
かつては「塩野町村」として同一の自治体であった蒲萄と大須戸の村ではありますが、長坂峠を境に文化や言語の微妙な差異が認められるそうです。

ほんのわずかな廃道区間のある明治新道・長坂峠。現在の道(蒲萄トンネル)が存在すれば良いという背景にはムラの生活に係わる舞台(田畑)の絡みがありそうです。ここに明治新道の開鑿されていった場所の特徴の一つが顕れているのではないでしょうか。

かつては橘南谿が苦心してようやく越えた長坂峠。明治新道となってからは花袋は難儀なく越え、現在では一本の短いトンネルであっさりと抜けられるものとなっています。


蒲萄峠を渡る 第一部長坂峠篇 了
第二部 蒲萄峠篇に続きます。

蒲萄峠を渡る 第一部長坂峠篇 その一へ


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]