忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タカヘツリをゆく その三 ヘツリの碑

鵜泊の村から南へ「ヘツリ」を進みましょう
P1041339.JPG
鵜泊の村を境に地質が変化していることが特徴的な点です。南側は蒲萄山塊を構成する母岩である花崗岩(斑状黒雲母花崗岩)の礫が広がります。

19ed2097.jpg
その先、崎となっている突端部に碑の存在があります。
「開道記念碑」とありました。明治という年号が確認できます。

510f1885.jpg
側面には「明治四十三年」と記されています。

正面に刻まれた文字は、
「明治廿九年八月中字鵜泊村菅原次郎吉君投工費金参千余円開鑿之」
側面には「明治四十三年五月忍其功建碑伝于後昆」というものです。

菅原次郎吉という人物の名前が刻まれています。彼こそがタカヘツリに私財を以て道を築いたという人物のことです。その功績を偲んで建立された記念碑もまた、後世になって鵜泊村の一人が私財を投じて建てたという話が伝わっています。

P406038711.jpg  
山北町史通史編p447より

菅原次郎吉の肖像が資料としてのこされていました。
天保十年(1839)に鵜泊村で生まれた次郎吉は、船頭を業とし新潟や北海道への回舟によって物資の海上運送に従事し、その後函館の地に牧場を営んだと伝えられています。

事業で成功した次郎吉は、鵜泊芦谷間に聳える「タカヘツリ」の難所を見るにつけ、なんとか道を開鑿したいと考えたのち決意し、明治二十九年八月に工事を着手しました。ここで次郎吉は私財を投入し、自らも監督として開鑿に努め、翌明治三十年六月にヘツリ道を開通させたと記録が残されています。

P1041343.JPG
ここから先、芦谷村までの間に聳える断層崖のヘツリ。明治期に私財を以て開鑿された道筋をほぼそのまま利用した車道が現在の一般国道345号です。次郎吉の功績そのものはほとんど見ることはできなくなりましたが、その道を踏襲する道路は今もなお健在しています。



ヘツリ道が車道化されたのは昭和31年のことですが、ここでも「タカヘツリ」は大きな変化を迎えます。

その四へ

タカヘツリをゆく その一へ戻る

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

菅原様へ

  • by 管理人(渡辺)
  • 2011/08/01(Mon)20:39
  • Edit
菅原様、はじめまして。ご子孫の方にご連絡いただけるとは光栄です。
私は鵜泊の生まれではないのですが、海府浦をはじめ近隣の地誌を10年来調べている最中です。
次郎吉翁の話は有名で町が発行している副教材資料等にも紹介されています。そんな中で、昨年「廃道をゆく2」という書籍にほんの少しですが記事を書かせていただきました。
函館の件については町史に「函館の地に土地を求めて牧畜も営んだ」という記載がありますが、おそらくコメントにいただいた場所の事だと思いますね。これからも地道に海府の地誌を調べて行きたいと思っております。本当に立派なご先祖様をお持ちで素晴らしいです。コメントありがとうございました。

無題

  • by NONAME
  • 2011/08/01(Mon)13:09
  • Edit
次郎吉の子孫です。
数十年前に祖父菅原忠蔵の骨を札幌に移すのに叔父忠芳と行きました。
記念碑開幕に父忠行(昭和49年1月没)は参加出来ませんでしたが、代わり海沿いに立てられた碑を見まして感無量でした。
函館に牧場の話は知りませんが、幌泉郡幌泉町(現在のえりも町)字上歌別に牧場があり父忠行が管理をして居りました。小生も60歳、もう一度鵜泊に子供達と行きたいと思って居ります。
菅原教行

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]