忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タカヘツリをゆく その六 国道としてのタカヘツリ

次郎吉の功績を称賛した碑のある鵜泊の崎にはもう一つの記念碑があります。
昭和50年に一般国道345号として昇格した際に建立された碑です。
787eb900.jpg
ここにも菅原次郎吉の功績を讃えた文章が刻まれています。


042d708d.jpg
自衛隊建設大隊の尽力によって開鑿された車道は、その後の国道昇格及び部分改良によってかつての難所の面影を見せる場所は少なくなりました。

ff23e1b6.jpg
元は幅2尺程度のヘツリ道が5mの車道となり、現在は6.5m+歩道付きの一般的な国道規格で道を通しています。

f3516216.jpg
今のタカヘツリは、1995年に竣功した屏風岩の入り江を跨ぐ鵜泊大橋によって、緩やかなカーブと直線的な国道として道を通しています。

かつては道なき山越え・ヘツリであった街道。その道を利用する人は限られたもので、舟にによる海上交通が主であった時代に近隣の村人の為に私財を以て道を開鑿したのが、海運によって成功を収めた次郎吉翁の存在です。決して「道」とまでは呼べないヘツリ道ではありましたが、当時の村人の歓喜は計り知れないものであったといいます。
しかし本格的な道路に至るにはその後の自衛隊建設大隊による道路建設を経て昭和44年の海岸道路全通まで暫く待つこととなります。これも鉄道(羽越線)の存在が影響をしています。海府浦全域に言えることである舟→鉄道→自動車という交通の変遷。その一幕を映し出しているタカヘツリの道路改良は、唯一二車線になっていない鵜泊の崎をショートカットするトンネルの計画が残っています。「新鵜泊トンネル」という計画が一般国道345号改良の項目にあるそうですが、ここに「タカヘツリ」の名称を付けて次郎吉の偉業を後世に残すのもいいのではないでしょうか。

(了)

芦谷セット・羽越線旧線構造物の道路転用へ

タカヘツリをゆく その一へ
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]