忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明治新道・勝木峠 その八 標高を稼いだ平坦な峠道

碁石川の谷を渡った明治新道・勝木峠は、この先ほぼ平坦な勾配が続きます。

6bed1ab9.jpg
碁石川の谷を回り込んだ新道。谷とは一段高い場所を通っています。

P5030130.JPG
10m以上は高低差があるでしょうか。碁石川の上流部を渡って標高を稼いだ道には石積みの擁壁がありました。

9b606ed8.jpg
碁石川の谷筋に沿って碁石の村へと分岐した道。この先はすぐに平坦な水田へとなり、碁石の村へと緩やかに下っています。

464ab6cf.jpg
標高を稼いだ道は間ノ内川との次の分水嶺である峠までは殆ど登りにはなっていません。

b656226b.jpg
昭和27年に「一級国道七号」になってからの改修でしょう。コンクリート製の駒止がありました。

caa83714.jpg
振り返ってみる(南側)を見るとほぼ直線の道であることがわかります。

df86ed77.jpg
ちょっとした切り通になっていました。元は狭い谷筋だったのでしょう。

e85d23a3.jpg
植林された杉林が続くその先は少し開けた場所のようです。

bba01b07.jpg
まだ分水嶺までは到達していませんが、このように地形的に平坦な箇所の続く位置を選んで明治新道は開鑿されていったのでしょう。実際に碁石川を渡ってから標高は40m程度が続いています。

その九へ

明治新道・勝木峠その一へ戻る

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]