忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アジリキ崎・板貝ヘツリ その二 アジリキ崎の入口

かつては幾多もの山越えやヘツリ渡りを繰り返し各村々を繋いでいた海府浦浜通りの道は、小鳥越の洞門(大正浦隧道)が安政5年に開鑿されたのをはじめとして明治から大正初期にかけて相当数の洞門・隧道が掘られています。このアジリキ崎もヘツリ道が隧道を通る道となったのが大正初期(4年頃)になります。



地形図上にも、現在のトンネルの他に大正初期に開鑿された隧道の存在が描かれています。羽越線の今川隧道(大正13年)を含め、この場所にも計3か所の隧道が並行している場所でもあります。

0c1cd12f.jpg
現在は一般国道345号改良で昭和58年に竣工した「弘法トンネル」がアジリキ崎を穿ち今川板貝間を通していますが、旧街道であるヘツリ道及びその後の隧道は海岸線に沿ってアジリキ崎方へ道が繋がっていました。

P4300341.JPG
海府浦では新しい部類に入るほぽ現代の2車線規格である弘法トンネル。明治大正期に数多く開鑿された隧道はその殆どが車道化に際して拡幅を受けていますが、このトンネルはバイパスとして新しい場所に穿たれたものです。規格が新しい故、今川口には現代らしく斜面と並行に斜めにカットされた入口をもっていることが特徴でしょう。

3aca06a6.jpg
現道の海側に続く道は昭和44年に開通した「海岸無雪道路」の路線として建設された箇所になります。その後昭和50年の国道昇格を経て弘法トンネルが開通する昭和58年までの「道路」でした。

adce5721.jpg
海側を向くと砂浜が続き、その先がアジリキ崎となっています。古代のヘツリ道はこの砂浜の縁を伝っていくものだったのでしょうか。浜に降りてこの先進んでみましょう。

その三へ

アジリキ崎・板貝ヘツリ その一に戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]