忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海府の山越え古道・板貝峠 その八 峠沿いの平場と農地

海府の村々にとっての農地は、水利の良い沖積地(主として谷底沖積地)を水田とし、所々に発達した海成段丘面や山中の平坦地を畑作地として古くから利用してきた歴史があります。

51012553.jpg
僅かな平坦地を過ぎると、今度は植林された杉林が続くことになります。人工的な平坦地と道の存在が確認できます。

424e2a0c.jpg
谷筋を下ってきた峠道は、このあたりで沢筋と合流するようです。

d3b2a038.jpg
板貝峠笹川口の谷筋を作り出す小さな沢を跨ぎます。これが水田耕作の貴重な水源となります。

a56c0f4e.jpg
その先にはまた平坦地が現れ、ここでも笹林が広がっていました

bd862185.jpg
笹川の口には、その名の通り村の地名の由来ともなっている笹(チマキササ)が多く茂る場所のようです。

c8a33c4d.jpg
今は笹林に覆われていますが、この辺りから人工的な平坦地が続きます。

c4cad4ab.jpg
沢筋から引いたと思われる人工的な水路でしょうか。古くは水田として利用されていたようです。

f7276b24.jpg
このように、峠沿いの山中にあって水利・平坦度のある箇所は貴重な耕地として利用された形跡が残されています。街道沿いであることからも村からの利便は程々に良かったのでしょう。街道を通すのに良い地形条件であるのと同様に、耕地としても条件の良い場所であったと思われます。このように村の農地の位置と街道との関連性は至る所で見られそうです。

その九へ

海府の山越え古道・板貝峠 その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]