忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海府の浦を繋ぐ道~深浦・恵比寿浦~ その六 深浦の景

「神宮沢」の隧道を抜け、深浦の浜に到達しました。
P5011422.JPG

谷を刻んだ場所にある入り江には砂の堆積があり、岩石海岸の中で僅かに浜の存在が確認できます。

dff7a872.jpg
板貝峠の尾根筋から眼下に臨める場所が「深浦」の入り江になります。ちょうど、尾根筋の場所から峠に差し掛かる場所の真西にあたる谷の下に「深浦」が存在します。
カシミール3Dにて作成

P5011416.JPG
板貝峠側を見上げますが、実際にはずっと奥に位置しているためか、峠の尾根筋はもう少し引かないと確認できないようです。かつてはこの場所に狸掘りの銅鉱脈があったといいます。花崗岩で構成された比較的年代の古い地質であるため、戦前まで蒲萄山塊には多くの小規模鉱山が開発されていたようです。※蒲萄山塊の鉱山については改めてとりあげたいと思います。

P5011418.JPG
昭和44年以降に建設された護岸が続き、その上部に現在の一般国道345号が通っています。それ以前は、大正13年に建設された羽越線の鉄道護岸があったようです。

P5011432.JPG
道路と鉄道の位置関係。すぐ山側に羽越線が通っていますが、板貝の村中から直線で深浦まで「板貝隧道」が通り抜けています。
P5011424.JPG
深浦を抜けると、すぐに羽越線は「笹川隧道」で次の入り江である「恵比寿浦」まで通過しますが、一方の道路は細かい岩山越えを5本の隧道で繰り返していました。

その七へ

海府の浦を繋ぐ道~深浦・恵比寿浦~ その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]