忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海府の浦を繋ぐ道~深浦・恵比寿浦~ その七 深浦より恵比寿浦(一)

深浦の入り江より恵比寿浦までには五本の隧道が記録にあります。深浦より、「炭沢隧道」「尺ナギ隧道」「アカタビラ隧道」「平木隧道」「カタガリ松隧道」の五か所が存在していました。

tanzawa.jpg
昭和52年発行二万五千分の一地形図「笹川」より
昭和50年の国道昇格に合わせて改良された道路は、深浦より先が三本の隧道になっており、実際にも「炭沢(たんざわ)隧道」「アカタビラ隧道」「カタガリ松隧道」の三か所で構成されています。

8e60c65d.JPG
昭和50年改良の「炭沢隧道」を潜ります。その先には「アカタビラ隧道」が見えています。

P5011436.JPG
「アカタビラ隧道」は「カタガリ松隧道」と途中覆道を介して繋がっています。深浦より炭沢隧道に至るのに登ってきた道は、ここから恵比寿浦までは下り勾配で降りるように道が構成されたようです。

P5011437.JPG
炭沢隧道を抜け、少しの明かりを挟んでアカタビラ隧道があります。同時期の造りであるためか、炭沢隧道とほぼ同じ仕様であることが特徴でしょうか。

P5011459.JPG
炭沢隧道とアカタビラ隧道の間より海側を臨むと、このような断層崖で構成された岩石海岸が繋がっています。

P5011443.JPG
入り江と入り江を刻むように細かい谷が存在し、延長の短い隧道が何度も連続していることが地形的な特色ともいえるでしょう。

P5011438.JPG
断層地形特有の小さな滝が流れています。「沢」地名が多いのもここから来ているのでしょうか。おそらくこの滝が「炭沢」なのでしょう。

P5011463.JPG
「アカタビラ隧道」の中に入ると「カタガリ松隧道」とを繋ぐ覆道区間が直ぐに現れます。この場所にも隧道があったようで、現在のアカタビラ隧道の位置に「尺ナギ隧道」が、この覆道の位置にアカタビラ隧道が大正期に開鑿されたようです。

P5011464.JPG
アカタビラ隧道とカタガリ松隧道をつなぐ覆道の位置からは、海側へ向いて道が繋がっていました。
その先にかつての道路が一部残っています。

その八へ

海府の浦を繋ぐ道~深浦・恵比寿浦~ その一へ戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]