忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大正浦隧道という名称が付いている小鳥越の洞門 その四

「大正浦隧道」という名称をもう一度見かけることになったのは、
WEB同人誌『日本の廃道』の企画で明治隧道projectという連載を読んだ時でした。

昭和4年に刊行された『明治工業史・土木篇』によれば、


『道路の隧道中、德川時代に開鑿したるものにして、現存するものは、僅かに六箇所なり。

(中略)

一、新潟縣大正浦隧道 長十九間二分 安政五年(西暦一八五八年)竣功』


ここに「大正浦」という名称が出てきます。
十九間二分≒34mという長は、前述の全国トンネルリストに記載されている大正浦隧道の延長、現存している小鳥越洞門とほぼ同じであることから同一のものと考えて良いでしょう。


ところが、これだけ資料が残っていて後世にも伝えられている洞門の肝心の名称が所謂専門書にしか無いのは何故でしょう。ここから考えられることは、「大正浦」という名称では呼ばれていなかった、という推測にたどり着きます。

現在の一般国道345号に当たる越後海府浦の浜通りが新潟縣道に指定されたのが大正12年のことです。(当時の路線名は新潟縣道府屋瀬波線)
つまりこの時点で台帳上に大正浦隧道という名称が付けられた、と考えることができるかもしれません。本来であれば「小鳥越隧道」若しくは「十五里峠隧道」、※「馬下隧道」という名称が付けられていてもおかしくはないのですが、結果として大正浦隧道となり、昭和41年度に改修された後も扁額が取り付けられることなく平成元年に廃止された、ということになります。

※注 昭和62年(1987年)に南側、馬下口に馬下隧道が一般国道345号改良で新設される

大正時代だから大正浦、というのはあまりにも安直ではありますが、どこにも大正浦という地名が出てこないことを考えるとそう推測してみたくなるものです。

P1040542.JPG
名称が何であれ先人の尽力によって道が切り開かれた、という歴史には変わりありません。
かつての難所には「馬下大橋」という海上橋梁が新たに架橋され、その脇に現在も「小鳥越の洞門」は残されています。

P1040551.JPG
小鳥越の洞門(大正浦隧道)
安政五年あたりに竣功、昭和41年度に改修、昭和50年に一般国道345号として指定、平成元年廃止

海府浜通り・新保~馬下間の小鳥越えの先、十五里峠にあたる場所に、新保村の仏照寺住職大哲和尚と早川村の早川寺住職洞水和尚の尽力によって開鑿さる。

本当の地名は何なのでしょうか。そして大正浦という名の所以は如何に。

(了)

大正浦隧道という名称が付いている小鳥越の洞門 その一へ


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]