忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 蒲萄峠篇その八 蒲萄峠の分水嶺

ようやく(狭義での)蒲萄峠の分水嶺にさしかかります。


前段の長坂峠とは異なり、峠といっても大きな分水嶺を越えるわけではなく、同じ蒲萄川の水系での峠であり、比較的起伏の無い平坦な山裾を進む蒲萄峠にとっては山路であって峠道とまでは言えない程のものでした。

P5020093_R.JPG

蒲萄の村奥に広がる農地を過ぎ、やや高度を上げに峠に向かいます。

P5020096_R.JPG
切通しが見えてきました。蒲萄峠の最高点(270m)になります。旧一級国道7号の最高地点でもありました。青森/秋田県境の矢立峠(258m)よりも若干標高が高くなります。

P5020097_R.JPG
新道に開鑿された直線状の切り通し。このあたりにも明治新道の面影が見えます。旧街道も同じ場所を越えていました。

P5020099_R.JPG
法面には石積みの擁壁が綺麗に残っています。長坂峠にも同様の法面があることからも、大正期の改修時に施されたものでしょうか。

P5020100_R.JPG
綺麗に残る苔生した石垣は、現在も法面としての機能を保っています。

P5020104_R.JPG
切通し部だけの設置のようですが、積み上げられた切石が後背の植林された杉林の土壌を支え、道を通すための構造物として存在感を出しいてます。

P5020102_R.JPG
切通しを過ぎると、すぐに下りとなり谷へと降り始めました。

P5020105_R.JPG
ここから明神川の水系となります。この先は谷筋を進むこととなります。


その九へ

蒲萄峠を渡る 第二部蒲萄峠篇その一へ


PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]