忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒲萄峠を渡る 蒲萄峠篇その十 新道と街道との分岐・明神岩

幾度かの屈折を繰り返した峠道は、この先「明神岩」と呼ばれる箇所の先で二股に分かれることとなります。一方が旧出羽街道庄内通となる大沢峠経由の道、もう一方が明治に開鑿された荷車道、後の国道となる新道です。

P5020124_R.JPG
引き続き大きな屈折で高度を下げて行きます。

P5020127_R.JPG
ようやく平坦な場所まで降りてきました。もうすぐで明神川にたどり着きます。

P5020129_R.JPG
鳥居が見えてきました。明神岩を社叢とする「漆山神社」(矢葺明神)です。

P5020132_R.JPG
明神岩と社。1000年程の歴史があり、この場所が街道筋の基点となっていたのでしょう。

P5020130_R.JPG
社の先には明神川が流れ、その先が二股に分岐しています。

P5020135_R.JPG
明神川に架かる明神橋。昭和43年の竣功で、旧道化してからのもののようですが、鉄製の欄干に破損があったりと、積雪の影響もあるのでしょうか。

P5020136_R.JPG
明神川を渡って東側が旧街道の入り口となります。

P5020137_R.JPG
西側、明神川の流れに沿って下る道が、明治新道として開鑿された車道となります。

myoujinS44.jpg
昭和44年発行五万分の一地形図「勝木」より

その十一 蒲萄峠篇の考察へ

蒲萄峠を渡る 第二部蒲萄峠篇その一へ
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]