忍者ブログ

第一渡辺文録

越後海府浦をあるいています 別館 http://watanabenumber3.blog.shinobi.jp/もどうぞ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヒトハネ山と柏尾隧道 その四 鉄道の柏尾隧道

その先にはヒトハネ山の隧道があります。


コンクリートで塞がれた隧道入口。こちら側(北側・柏尾寄り)からは入れないようになっていました。
手前には上部が欠けたテトラポッドのようです。


羽越線の覆道部がすぐ傍にある位置関係になっていますが、ヒトハネ隧道(明治30年頃)のほうが先に存在していました。


さてこの羽越線覆道ですが、昭和29年頃に羽越線が改良された時に設置されたもののようです。多くのコンクリート構造物には「1954」の刻印があることから、この覆道もその頃のものでしょうか。
地形的特徴なのでしょうか、海府浦の崎には、二股で分かれ間に沢の流れる谷筋をもっているパターンが多いようです。


小さな沢が流れており、それが覆道の窓から見えました。


柏尾側の羽越線隧道にも「間島」とありますが、羽越線が最初に建設された時点では「柏尾隧道」であったようです。

その五へ

ヒトハネ山と柏尾隧道 その一に戻る
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

Twitter

最新コメント

[07/09 ひろ]

最新トラックバック

アクセス解析

共有

Copyright ©  -- 第一渡辺文録 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]